ブログを少しお休みしているうちに冬の訪れを感じるようになりました。冬支度はお済ですか?お風邪など召されていませんか?

 

さてさて、ブログ更新が滞っている間に私たちの身近な食材に食べ方によって大きく効果が変わる食材があることを知りました。

それは「ピーマン」です。ピーマンといえば「濃い緑色」だったのですが、今はいろんな色のピーマンがスーパーに並んでいるのを見るようになりました。彩がきれいで色によってお料理を楽しむこともできますね。

ピーマンの優れた栄養や効能、食べ方を少し前にテレビで拝見したので、ご覧になった方も多いかと存じますが、ご紹介いたします。ピーマンはビタミンCが含まれ、血液をサラサラにし、血行を良くする効果があるのだそうです。ビタミンCはピーマン1個でレモン1個分含まれているとか!?風邪予防や疲労回復、美肌にも良さそうですね。何より、血流が良くなることは冷え性の方には朗報じゃありませんか?

本来夏の野菜なのに、寒い季節にも本領発揮とばかりに必要な効能(風邪予防や血行不良改善など)があるなんてすばらしい野菜ですね。

 

ピーマンの栄養を余すことなくいただける驚きの方法が紹介されていました。ポイントは2点。

『種やワタは捨てずにいただく』

種やワタに緑の部分より10倍もの血行を良くする成分が含まれているそうです。

『縦切りにする』

ピーマンの細胞は縦に並んでいるので縦に切ると栄養や成分を維持したまま調理できるということでした。

 

ピーマンはどのようなお料理に使われていますか?サラダなど生でもいただけますが、野菜炒め、チンジャオロース、ピーマンの肉詰め、ナポリタンスパゲティーなどなどでしょうか。

余談ですが、私は牛肉や豚肉を加えてピーマンのきんぴらをよく作ります。ごはんがどんどんすすむ副菜です。

 

 

血行不良などによる足のむくみには医療用弾性ストッキングを!

アステラオンラインショップはこちら↓

http://shop.asterra.co.jp/